返回列表 回復 發帖

orobianco-sale.asia-オロビアンコ 店舗14073236

海岸部の東側、海水をそのまま巨大な建物の中にまで引き込んだドック施設が立ち並ぶ裏手は、石で出来た四角く高い倉庫が密集する。 その一つで、ケウトの借り受ける倉庫に着いた馬車から、ウィリアムとエレンが筵を退けて入った。オロビアンコ キーケース
倉庫の中は、チーズ貯蔵庫とワイン貯蔵庫が主で。 二人が建物の中に入ると、乳製品の香りが海の香りを纏って立ち込めていた。
ウィリアムは、見上げる棚に大量に置かれたチーズを見て。「ほう。 この国特産のシリーチーズですね。 ワインに良く合う」オロビアンコ バッグ
と、眼を煌かせた。エレンは、悲しみを心に隠す様に笑い。「良くご存知ですね」冷たい海風が特徴のこの国では、塩分を吸い込んだ風を纏うチーズが有名である。 朝晩の湿気と、日中の潮風が、冬から初夏までに格別なチーズを作る。 部屋の温度を上げない様に、吹き込む風を細い穴の窓を通して強くさせ。 チーズの隙間に通す事で、腐らせずして醗酵させるのだとか。
「流石に、ケウト様のお目に適う方ですな。 観察が鋭い。 はい、我々はお互い別ですが。 若い頃は冒険者でした」ウィリアムは、其処で質問を止めた。コルレオが残ると。 チャンドは、港に向った。 そして、少しして船が入港しているのを確かめて来た。ウィリアムとエレンは、港に二人の男を連れて向った。 ドックに入るのは、定期検査や超大型の貨物船や旅客船のみ。 中型の船などは、その周りに広がる船着場へ。 入港する船は何番港の何処何処と決まっている。 場所の権利を国から金で借り受けるのだ。 エレンは、祖父が死んだので権利を示すプレートアンカーを持っている。 その証明を見せて、やっと港に入れるのだ。http://www.orobianco-sale.asia馬車を退かした御者と付き添いの男二人が、ウィリアムとエレンの居るチーズ貯蔵庫に入って来た。「どうも」オロビアンコ 店舗「よろしくお願いします」一人は、ノッポで気さくな笑顔の40前後と見受けれた男性。 もう一人は、口の周りに髭を生やしたガッシリとした体格の中年男性。オロビアンコ 名古屋先に、背が高くて色白の気さくな男性が。「私の名前は、チャンド。 ケウト様に仕える者です。 そして、こっちはコルレオ。 二人、お二人に遵ってエレン様をお守りしろとご命令を貰いました。 是非、この身を使って下さい」ウィリアムは、二人の体つきを見て。「ありがとうございます。 お二人は・・・、武術の心得がお在りですか?」オロビアンコ 名古屋すると、日焼けした渋い細面をするコルレオが、少し驚いてチャンドを見る。 一方のチャンドは、コルレオを見てから笑い。
Related articles:

  
   http://7080ww.com/forum.php?mod=viewthread&tid=331887
  
   http://community.vrace.de/index.php?option=com_fireboard&Itemid=26&func=view&catid=8&id=134672#134672
  
   http://www.phillia.org/forum/2-welcome-mat/125597-orobianco-onlineasia--14503272#125597
返回列表